「平成29年12月発行 落石対策便覧」対応製品 NETIS登録番号 SK-020001-VE(活用促進技術)<掲載期間終了>

シンプルな構造・優れた性能

 高エネルギー吸収型落石防護柵の決定版です。

製品概要 

ループフェンス(LPシリーズ)は、最大1500kJの落石を捕捉できる高エネルギー吸収型落石防護柵です。支柱は鉄筋コンクリート充填鋼管を使用しており、大きな耐荷力、優れたエネルギー吸収性能を有します。支柱間をループ状に巻きつけられたワイヤロープが緩衝装置内をスリップすることで理想的なエネルギー吸収が可能です。

タイプ対応エネルギー
LP150~160kJ
LP250~255kJ
LP500~503kJ
LP1000~1004kJ
LP1250~1255kJ
LP1500~1506kJ

ループフェンス(LPシリーズ)の特長

■~1500kJクラスの落石エネルギーに対応可能

1500kJクラスの落石エネルギーに対応した最適なタイプを選ぶことができます。また積雪地域でも対応可能です。

落石捕捉時には最小の張出し量を実現

ワイヤロープがループ状に巻き付いているため、単線に比べて同量のワイヤロープのスリップが生じても張出し量を低減でき、道路際にも設置が可能です。

■落石の突き抜け防止

落石時には、ループ状に巻きつけられた山側と谷側のロープが同時に働き、結果的にワイヤロープの間隔を狭める効果があります。

構造

■ループフェンス(LP250~LP1500) 概略図

ループフェンスLP150 概略図

維持管理

各スパンが独立した構造であり、損傷箇所のみの補修などが可能であるため、メンテナンスが容易です。

実験

「平成29年12月発行 落石対策便覧」では落石防護施設の性能照査の検証法の一つとして「実験による性能検証法」 が示されました。ループフェンス(LPシリーズ)は「平成29年12月発行 落石対策便覧」に記載の「実験による性能検証法」に準拠した 落石捕捉性能の確認、及び実験結果の実設計への反映を目的とし、実物の供試体に対し自由落下による重錘衝突実験を実施しました。

■実験設備

■実験動画

解析

実験結果を元に、非線形構造解析ソフトLS-DYNA(LSTC社製)を用いて解析モデルを作成、落石対策便覧に示される基準に準拠し、実施した性能確認実験結果を再現する数値解析を行いました。また、実験を実施していない柵高や、スパン間隔を変更した形状の数値解析を実施し、落石捕捉性能の確認を行うことも可能です。

カタログ

ループフェンス(LPシリーズ)のカタログはこちらからダウンロードできます。