平成29年12月改訂の『落石対策便覧』(公益社団法人日本道路協会)に準拠していますか?
落石対策便覧に記載されている実験条件やスパン中央部(端末、中間スパン)の実験確認や、動的解析等による評価など、落石対策便覧に記載された要件に準拠しております。
積雪や崩壊土砂、土石流に対応可能ですか ?
落石用途以外に崩壊土砂、小規模土石流、積雪、雪崩など様々な用途に使用することが可能です。また、複数の用途を兼ね備えた仕様とすることも可能です。
令和元年5月改訂の『新・斜面崩壊防止工事の設計と実例 -急傾斜地崩壊防止工事技術指針- [参考編] 』(一般社団法人全国治水砂防協会)第8章擁壁工に【待受式高エネルギー吸収型崩壊土砂防護柵工(支柱強化型)】としてループフェンス(支柱分割タイプ)が事例紹介されております。
設計・施工要領書、施工実績一覧などの用意はありますか?
準備しております。各種資料のご依頼がありましたらお問い合わせください。
落石・土砂捕捉後の撤去は可能ですか?
基本的に1スパン毎に独立した構造のため、捕捉スパンの部材を取り外し、撤去が可能です。また修復の際は、損傷がない部材は再利用でき、損傷が激しい部材については取り換えが可能です。
柵高、支柱間は何mまで対応可能ですか?
標準的には柵高は3.0~6.0m、支柱間は5.0~10.0mまで対応可能です。
タイプにより異なる場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。
耐用年数は何年までですか?
部材は防食仕様として溶解亜鉛めっきを標準としており、耐用年数は田園地帯において約50年程度です。
海岸地域での設置のため、塩害対策は可能でしょうか?
海岸地域で設置の際に、めっきを亜鉛アルミニウム合金メッキに変更することは可能です 。
景観色塗装仕様は可能ですか?
可能です。
支柱内部のコンクリートは、現場で打設するのですか?
製作工場にて打設し、現場に搬入しています。
どのような基礎形式に適用できますか?
杭形式による直接基礎、擁壁基礎など、設置個所の条件に応じた基礎形式とすることが可能です。

お気軽にお問い合わせください。03-3556-0466

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。